SGホールディングス
トップページ 陸上競技部紹介 部員紹介 競技スケジュール 競技結果
TOPページ陸上競技部紹介>陸上競技部のあゆみ
陸上競技部紹介
応援Message
  陸上競技部紹介 陸上競技部のあゆみ
走ることの原点
1987年、弊社の陸上競技部は、佐川急便陸上競技部としてスタートラインに立ちました。「走ることで、皆様のご期待にお応えしたい」。
私たちの原点であり、そして使命である創部時の思いは、今も部員一人ひとりに受け継がれています。
まだ見ぬゴールを目指し、私たちは走り続けます。
活動拠点の守山陸上競技場はこちら  
26年の歴史
1980  
1987年 九州で創部される。監督1名、選手2名でのスタート。
1989年 活動の拠点を京都に移す。
   
1990  
1991年 ホノルルマラソンで大家正喜選手が3位(日本人1位)となる。
1992年 東京シティマラソン(ハーフマラソン)で、大家正喜選手が日本最高記録を樹立する。
1993年 東京シティマラソン(ハーフマラソン)で、大家正喜選手が昨年の同レースで樹立した日本最高記録を更新する 。
関西実業団駅伝で2位に入り、全国大会の切符を手にする。
1994年 全日本実業団駅伝に初出場。14位に入る。
1995年 許績勝選手が高雄国際マラソンで優勝。台湾代表として、アトランタオリンピック出場を決める。
大家正喜選手が福岡国際マラソンで2時間10分を切り、3位に。日本代表選手としてアトランタオリンピック出場を決める。
1996年 大家正喜選手、許績勝選手がアトランタオリンピック 男子マラソンに出場。
当陸上競技部からのオリンピック出場は初。
1997年 アジア陸上選手権で3000m障害に道浦誠選手、5000mに許績勝選手が出場。
1998年 関西実業団駅伝競走大会で初優勝。
   
2000  
2000年 日本陸上競技選手権大会 男子110mハードルで、浅見公博選手が優勝。
全日本実業団対抗駅伝競走大会で初の入賞(8位)。
2001年 京都陸上選手権大会 男子110mハードルで、浅見公博選手が日本歴代3位の記録で優勝。
2002年 ベルリンマラソンで松田和宏選手が6位入賞(日本人1位)。
2003年 ベルリンマラソンで松田和宏選手が2年連続の6位入賞(日本人1位)。
2004年 日本陸上競技選手権大会50km競歩で、谷内雄亮選手が3位入賞。
2005年 谷井孝行選手が、世界陸上選手権大会20km競歩に出場。
全日本実業団対抗陸上選手権で、谷内雄亮選手が優勝。
国民体育会秋季大会男子10000m競歩で、谷内雄亮選手が優勝。
東アジア競技大会で谷井孝行選手が3位に入り、銅メダル獲得。
2006年 熊日30kmロードレースで、清水智也選手が優勝。
2007年 谷井孝行選手(20km競歩)・谷内雄亮選手(50km競歩)が世界陸上大阪大会に出場。
2008年 びわ湖毎日マラソンで清水智也選手が5位入賞(日本人3位)。初マラソン日本歴代3位の2時間09分23秒。新人賞受賞。
谷井孝行選手が北京オリンピック20km競歩・50km競歩に出場。
2009年 びわ湖毎日マラソンで清水智也選手が6位(日本人2位)で2年連続入賞。
谷井孝行選手が世界陸上ベルリン大会50km競歩に出場。
北海道マラソンで初マラソンの山本亮選手が2位入賞(日本人1位)。
   
2010  
2010年 びわ湖毎日マラソンで清水智也選手が、8位で3年連続入賞。
日本選手権10000mで山本亮選手が、4位入賞。
(陸上競技部として初の長距離種目での入賞となる)
関西実業団駅伝競走大会12年ぶり2度目の優勝。
福岡国際マラソンで清水智也選手が、8位入賞。
2011年 北海道マラソンで山本亮選手が、5位入賞。
谷井孝行選手が世界陸上テグ大会50km競歩に出場。
関西実業団駅伝競走大会2連覇・3度目の優勝。
2012年 びわ湖毎日マラソンで山本亮選手が、4位入賞(日本人1位)でロンドンオリンピック男子マラソン日本代表に選出される。
山本亮選手が、ロンドンオリンピック男子マラソンに出場。
谷井孝行選手が、ロンドンオリンピック50km競歩に出場。
関西実業団駅伝競走大会3連覇・4度目の優勝。
2013年 別府大分毎日マラソンで石田将教選手が、5位入賞。
びわ湖毎日マラソンで山本亮選手が5位(日本人2位)で2年連続入賞。
関西実業団駅伝競走大会4連覇・5度目の優勝。
2014年 ウィーンマラソンで山本亮選手が6位入賞。
2015年 日本選手権1500mで松田佑太が6位入賞。
   
インフォメーションリンク