SGホールディングス
トップページ 陸上競技部紹介 部員紹介 競技スケジュール 競技結果
TOPページ競技結果過去の競技結果2008年の競技結果
競技結果
応援Message
 
  競技結果
第92回日本陸上競技選手権大会50km競歩
 兼 第29回オリンピック競技大会(2008/北京)代表選手選考競技会
平成20年4月13日(日)石川県輪島市 日本陸連公認競歩コース
第92回日本陸上競技選手権大会50km競歩 兼 第29回オリンピック競技大会(2008/北京)代表選手選考競技会の結果です。
当陸上競技部からは、谷内雄亮選手、谷井孝行選手の2名が出場いたしました。
〔結果〕
順位 選手 記録
1位 山崎 勇喜 長谷川体育施設 3時間41分55秒(日本新記録)
2位 谷井 孝行 佐川急便 3時間49分33秒
3位 谷内 雄亮 佐川急便 3時間52分37秒(自己新記録)
8時スタート
8時スタート
満開の桜の中、沿道には多くの社員が応援に駆けつけました
満開の桜の中、沿道には多くの社員が応援に駆けつけました
レースは谷井選手と山崎選手が引っ張りました 序盤は抑える谷内選手 終盤気力をふりしぼりゴールを目指します
レースは谷井選手と山崎選手が引っ張りました 序盤は抑える谷内選手 終盤気力をふりしぼりゴールを目指します
ゴール前の報道陣。北京選考レースとあり注目の高さがうかがい知れます 後半粘りの歩きで順位を上げていく谷内選手
ゴール前の報道陣。
北京選考レースとあり注目の高さがうかがい知れます
後半粘りの歩きで順位を上げていく谷内選手
終了後行われた合同会見の様子。多くの報道関係者が詰め掛けました
終了後行われた合同会見の様子。多くの報道関係者が詰め掛けました
表彰式 表彰式、やっと笑顔が出ました
表彰式 表彰式、やっと笑顔が出ました
 レース展開:
前半から谷井孝行選手と山崎選手(長谷川体育施設)がハイペースでレースを引っ張り第一集団を形成。第一集団で山崎選手と首位争いを見せました。終盤になり山崎選手がペースを上げ、谷井選手も追い上げを見せましたが差は縮まらず、山崎選手は自らの持つ大会記録(日本記録)を更新してゴールし、大会5連覇となりました。
また、谷内雄亮選手は序盤は抑える作戦で臨みました。後半まで5位あたりをキープしていましたが、持ち前のやわらかいフォームで粘る歩きを見せ、じわじわと追い上げ、最終的には3位でゴール。1、2位が独走状態なこともあり谷内選手の歩きは注目を集めました。
谷井孝行選手

谷井孝行選手
 谷井孝行選手のコメント

根上大会から左大腿の状態がよくなかったのですが、何もしないより悪化させない程度で練習したほうがいいと判断し、ポイントを押さえた練習で体調を合わせてきました。目標は3時間50分を切ることと2位入賞だったので最低限の目標はクリアできました。山崎選手とは力の差を感じるのが悔しいです。序盤のハイペースが、後半どのように影響するかと思いましたが、順位を落としたものの最後まで粘って歩けました。今後につながるいいレースができました。
今回あらためて山崎選手に勝ちたいと思いました。練習のやり方を変え、さらにいいレースができるようにしたいです。
また、沿道から多くの声援をありがとうございました。後半苦しいときもありましたが、前へ進む力となりました。引き続き応援よろしくお願いします。
谷内雄亮選手

谷内雄亮選手
 谷内雄亮選手のコメント

目標は3時間50分を切ることと2位入賞だったのですが怪我をひきずったままなので3位入賞に切り替えました。先頭二人とは力の差があるのでそこは気持ちを切り替えて臨みました。最後残り3キロで後続を引き離し自己記録を3分縮めてゴールできました。レースはいい出来で最低限の目標はクリアできたと思います。
朝早くから、たくさんの応援ありがとうございました。皆さんの応援が、ねばる力となりました。これからも応援よろしくお願いします。
インフォメーションリンク