SGホールディングス
トップページ 陸上競技部紹介 部員紹介 競技スケジュール 競技結果
TOPページ競技結果過去の競技結果2006年の競技結果
競技結果
応援Message
 
  競技結果
第50回関西実業団陸上競技選手権大会
5月19日(土)〜21日(日)徳島県
 今大会注目選手
アテネ五輪女子マラソン金メダリスト 野口みずき選手(シメックス)と男子短距離の朝原宣治(大阪ガス) 19日には野口選手が出場する女子1万mが行われ、前回優勝の野口選手と前々回優勝の福士加代子選手(ワコール)の争いが注目されました。
優勝は福士選手、18秒差で野口選手が2位となりました。
10000M タイムレース
5000M タイムレース
1500M タイムレース
5000M 競歩
〔10000M タイムレース(5月19日) - 結果〕
順位 選手 記録
1位 岩佐 敏弘 大塚製薬 29分35秒03
2位 坂東 和彦 四国電力 29分40秒18
3位 家谷 和男 山陽特殊製鋼 29分41秒13
4位 小西 健 佐川急便 29分41秒55
11位 山脇 拓哉 佐川急便 29分56秒54
12位 森川 三歩 佐川急便 29分58秒46
15位 北田 浩之 佐川急便 30分14秒85
25位 金子 宣隆 佐川急便 30分46秒78
- 清水 智也 佐川急便 途中棄権
 レース展開:
終始風と雨が強い中でのレースであったため序盤からけん制しあうレース運びとなりました。
その中、小西・山脇選手は序盤からトップ集団に位置していました。
3位までが9月の全日本選手権の出場権獲得だっただけに小西選手の4位は、惜しい結果となってしまいました。一方山脇選手は5000m手前で一時トップに躍り出ましたが、その後(6000m付近)失速し11位。
激しい風と雨の中、懸命な走りを続ける選手たち(上段左から、小西選手・山脇選手・森川選手 下段左から、北田選手・金子選手・清水選手
激しい風と雨の中、懸命な走りを続ける選手たち
上段左から、小西選手・山脇選手・森川選手
下段左から、北田選手・金子選手・清水選手
 小西健選手のコメント
風が強いレースの中、入賞できたことはうれしく思います。
しかし、9月にある全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(大分市)の出場権獲得の3位以内を目標としていたので、目標達成できたなかったのは非常に残念。今回の悪天候の中でのレース経験を生かし、自己記録の更新に向けてがんばります。
4位入賞を果たした小西選手
4位入賞を果たした小西選手
〔5000M タイムレース(5月20日) - 結果〕
順位 選手 記録
1位 山岡 雅義 大塚製薬 14分03秒25
2位 井幡 麿 大塚製薬 14分03秒29
3位 森本 直人 山陽特殊製鋼 14分03秒48
8位 勝間 信弥 佐川急便 14分10秒29
17位 仙頭 竜典 佐川急便 14分24秒10
19位 辰巳 陽亮 佐川急便 14分29秒59(自己新)
 レース展開:
レース序盤まで20名程度の集団で固まり当社3名の選手もその後方に位置していました。
ラスト3周で集団が崩れ始め、仙頭・辰巳2選手が遅れ始めました。
10名程度の集団となりその後方に、勝間選手が付いていましたが、ラスト1周で差が広がり、前の選手と約2メートル差の8位でゴールしました。
力走する選手たち 左から、勝間選手・仙頭選手・辰巳選手
力走する選手たち
左から、勝間選手・仙頭選手・辰巳選手
 辰巳陽亮選手のコメント
社会人初のレースは、厳しいレースでした。やはり学生のレースとは違いました。これからこの中で活躍できるよう、トレーニングにがんばります。
〔1500M タイムレース(5月21日) - 結果〕
順位 選手 記録
1位 森川 裕之 大阪府警 3分47秒99
2位 森田 司 山陽特殊製鋼 3分48秒37
3位 久保 慶和 四国電力 3分49秒39
22位 仙頭 竜典 佐川急便 4分01秒97
 レース展開:
中盤まで全体が集団で固まり、仙頭選手はその中の10位ぐらいに位置していました。 後半から集団がばらけだし、徐々に順位を落とし始め、最後まで差が広まり続け総合22位でゴール。
集団の中を力走する仙頭選手
集団の中を力走する仙頭選手
〔5000M 競歩(5月21日) - 結果〕
順位 選手 記録
1位 谷内 雄亮 佐川急便 21分13秒23
2位 松本 欣治 NTT大阪北支店 23分38秒49
3位 案納 正幸 タマノイ酢 23分45秒29
 レース展開:
スタートから常にトップをマーク。独走状態で3000m地点で2位との差を200mとし、ラスト400mで全員を抜き(周回遅れ)、そのまま差を広げ、ゴール。
前々大会ぶり2度目の優勝。
 谷内雄亮選手のコメント
勝って当たり前のレースだったので記録を狙いましたが、いまいち悪くて納得のいかないレースとなりました。まだ輪島の50kmの疲れが残っていてスピードの練習もろくにできていなかったのでしかたないかもしれませんが。9月の全日本実業団大会の出場権を獲得しました。昨年優勝しているので2連覇を狙いがんばります。
優勝した谷内選手 表彰される谷内選手
優勝した谷内選手 表彰される谷内選手
インフォメーションリンク